低炭素建築物技術的審査

低炭素建築物等の計画の認定を受けようとする者は、国土交通省令で定められた低炭素化のための建築物の新築等計画を作成して所管行政庁へ認定申請することになります。提出された低炭素建築物の新築等の計画が基準に適合と判断されたときには計画が認定されます。
認定申請に先立ち、低炭素建築物等の計画が認定基準に適合しているかどうかを登録住宅性能評価機関等が技術的審査を行うという運用がされています。
CI東海では低炭素建築物の新築等計画に係る技術的審査を行い適合証の交付を行います。

■業務の内容

低炭素建築物新築等計画に係る技術的審査および適合証の交付

■業務の区域および範囲

愛知県、三重県、岐阜県および静岡県の市街化区域等内(都市計画法(昭和43年法律第100号)第7条第1項に規定する市街化区域の区域(同項に規定する区域区分に関する都市計画が定められていない同法第4条第2項に規定する都市計画区域にあっては、同法第8条第1項第1号に規定する用途地域が定められている土地の区域))に限ります。

■認定の対象

認定の対象は市街化区域等内における次のいずれかの計画です。
(1) 建築物の低炭素化に資する建築物の新築
(2) 低炭素化のための建築物の増築、改築、修繕もしくは模様替え
(3) 低炭素化のための建築物への空気調和設備、その他の政令で定める建築設備の設置
(4) 建築物に設けた空気調和設備等の改修

▲このページのトップへ

■業務の流れ

業務の流れ

■審査

技術的審査の依頼があったときは、依頼内容がCI東海の業務区域内かつ市街化区域等内であること、提出書類に不備がない事等を確認後受付し、基準に適合しているかどうかの審査を行います。
審査の結果、基準に適合することを認めたときは適合証を交付します。

▲このページのトップへ

料金表 必要書類ダウンロード
CI東海イメージキャラクター

CI東海
イメージキャラクター

  • 業務規程
  • 業務約款
  • 料金規程
  • TOP
  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 会社案内
  • 採用情報
  • サービス
  • 情報コーナー
低炭素建築物 認定制度 関連情報 国土交通省 建築研究所 住宅性能評価・表示協会