建築物省エネ法

建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律に基づく性能向上計画認定(第30条)および基準適合認定(第36条)についての認定を受けようとする者は、国土交通省令で定められた書類を作成して所管行政庁へ認定申請することになります。提出された内容が基準に適合と判断されたときには所管行政庁認定された旨の通知があります。
認定申請に先立ち、それぞれの申請内容が認定基準等に適合しているかどうかについてを登録住宅性能評価機関等が技術的審査を行うという運用がされています。
CI東海ではこれらに係る技術的審査を行い適合証の交付を行います。

■業務の内容

1.性能向上計画認定に係る技術的審査および適合証の交付
2.基準適合認定に係る技術的審査および適合証の交付

■業務区域および範囲

愛知県、三重県の全域
岐阜県、静岡県の各都市計画区域内

■認定の対象

住宅、非住宅、複合建築物

■業務の流れ

業務の流れ

■審査

技術的審査の依頼があったときは、依頼内容がCI東海の業務区域内であること、提出書類に不備がない事等を確認後受付し、基準に適合しているかどうかの審査を行います。
審査の結果、基準に適合することを認めたときは適合証を交付します。

▲このページのトップへ

料金表 必要書類ダウンロード
CI東海イメージキャラクター

CI東海
イメージキャラクター

  • 業務規程
  • 業務約款
  • TOP
  • ごあいさつ
  • 会社概要
  • 会社案内
  • 採用情報
  • サービス
  • 情報コーナー